【HMBの効果】筋肉の合成が活性化する2つの理由

【HMBの効果】筋肉の合成が活性化する2つの理由

こんにちは!プロレスラーの諸橋(@Morohashix)です。

HMBを活用して効果的に筋肉を大きくしてますか?

今回はHMBが筋肉の合成を活性化させる2つの理由をわかりやすく教えちゃいます。

これを読んだらHMBを摂ってない人は欲しくなっちゃうかも。

 

①HMBはmTORを活性化させる

筋たんぱく質合成を調整している経路『mTORシグナル伝達系』というのがありますが、この経路が活性化されると筋タンパク質の合成が高まります。

HMBにはこの『mTORシグナル伝達系』を活性化させる作用があるんです!

ちなみに『mTORシグナル伝達系』は筋トレでも活性化されます。

 

②HMBはユビキチンプロテアソームを抑制する

古い筋肉や異常な筋肉を分解する経路『ユビキチンプロテアソーム系』というのがあります。

筋トレでつけた筋肉も、生きていく上では必要のないものとしてこの経路によって分解されてしまいます。

HMBにはこの『ユビキチンプロテアソーム系』を抑制する作用があるんです!

またハードな筋トレによっても『ユビキチンプロテアソーム系』は活発になりますので、とことん追い込んだときや、久しぶりに筋トレをしたときなどにもHMBは有効です。

 

HMBによって筋肉の合成>筋肉の分解になる

筋肉を大きくするには筋肉の合成が分解を上回らないといけません。

HMBを摂取すると、筋肉の合成が分解を上回ることによって筋肉が大きくなります!

 

HMB摂取⇒mTORシグナル伝達系が活性化⇒筋タンパク質合成促進

HMB摂取⇒ユビキチンプロテアソーム系の抑制⇒筋タンパク質分解抑制

 

 

HMBの摂取量は?

効果がある摂取量として3g程度となっています。

この3gを一日に2~3回に分けて摂取するのが効果的と言われています。

ただし『HMBカルシウム』を摂取する場合は気をつけなければならないことがあります。

HMBカルシウムは80%がHMBで残りはカルシウムになります。

HMBカルシウムから3gのHMBを摂取する場合、HMBカルシウムは3.75gになります。

摂取するにあたって2週間以上継続するのが効果があるとのことです。

 

諸橋選手のHMBの摂取量

ちなみに自分はカルシウムHMBを摂取しています。

カルシウムHMBで一日に最低6g(多いときは10g程度)は摂取しているのでHMBの量で言ったら4.8gです。

3gと6gの摂取量を比較したら大して差はないとの報告もあるのでおすすめできませんが…。

まあ、足らなくて効果が出ないよりは多く摂っておけって感じです!

ご参考までに。

これが自分のとっているマイプロテインのHMB。

味と匂いはかなりヤバい…。

 

今日のアドバイス

HMBは筋肉をデカくする!だから摂取しとけ!