HMBの効果を体感できない3つの原因

HMBの効果を体感できない3つの原因

筋トレでしっかりと追い込んでいるのに、HMBの効果を体感できない原因は、①飲む量が足りていない、②必要量を分けて飲んでいない、③必要量のたんぱく質を摂取していないという3つの原因が考えられます。

これらの原因を解決しなければ、いくらHMBを飲んだところで思ったような効果を得ることができません。

こちらのページではHMBの効果を体感できない3つの原因について解説していきます。

 

 

HMBの飲む量が足りていない

一日に必要な量は最低3g

HMBの一日に飲むべき基本の量は3gになりますが、ハードに追い込む筋トレをおこなっている方は飲む量を6gまで増やす必要があります。

また加齢により筋肉は減少しやすくなりますので、年齢に応じて飲む量を増やすのが効果的です。

特に筋トレを始めたばかりの方は、HMBの効果が出やすいので6gまで増やしても良いかと思います。

HMBを過剰に飲んでも効果は頭打ちになるとのことですが、個体差もありますので多めの摂取がおすすめです。

ちなみに有名人が使って効果があるとされているHMBをよく見かけますが、ほとんどの商品はHMBの含有量が少なくおすすめできません。

 

HMBの必要量を分けて飲んでいない

一日に必要な量を3~4時間おきに分けて飲む

HMBの血中濃度が高く保たれるのは飲んでから3~4時間になります。

HMBの血中濃度を安定させるために、一日に必要な量を3~4時間の間隔で分けて飲むようにすることが重要です。

特に有酸素運動や筋トレの1時間前にHMBを飲むと効果的なので、このタイミングを外さないようにすることが重要です。

 

 

必要量のたんぱく質量を摂取していない

HMBは筋肥大させるためのスイッチ

HMBは筋肉の合成>筋肉の分解にするスイッチ的な役割ですので、HMB自体が筋肉になるわけではありません

よく「HMBはプロテイン〇杯分の効果!」という広告文句を見ますが、そもそもHMBは筋肉の材料ではありませんし、HMBとプロテインを比較している商品さえあるので驚きです。

よって筋肥大させるためには、筋肉の材料である十分な量のタンパク質(必須アミノ酸)を摂取しなければなりません。

たんぱく質の必要量は、体重1kgあたり2gと言われていますが、年齢や筋トレの強度によって変わってきますので、自分の必要量をしっかり把握しましょう。

こちらで詳しくご紹介していますのでご覧ください⇓

 

 

HMBカルシウムは飲む量に気をつける

HMBカルシウムは80%がHMB

市場に多く出ているのは『HMBカルシウム』になりますが、これを飲む場合は気をつけなければならないことがあります。

HMBカルシウムは80%がHMBになりますので、それを考慮した量を飲む必要があります。

HMBカルシウムから3gのHMBを摂取する場合…HMBカルシウムは3.75g。
HMBカルシウムから6gのHMBを摂取する場合…HMBカルシウムは7.5g。

また、HMBは2週間以上、継続して飲むことが効果を出すために重要になります。

 

 

おすすめのHMBとプロテイン

【MY PROTEIN】がどこよりもコスパが良い!

自分はどこよりもコスパの良い【マイプロテイン】の粉末タイプのHMBとプロテインを飲んでいます。

粉末タイプのHMBは独特の味と匂いがありますので、苦手な方は持ち運びにも便利な錠剤タイプがおすすめです。

プロテインは美味しくてたくさんのフレーバーがあり、プロテインが初めての方でも飲みやすくなっています。

・自分が飲んでいる粉末タイプのHMBはこちら⇒【マイプロテイン】粉末タイプのHMB
・飲みやすく持ち運びに便利な錠剤タイプのHMBはこちら⇒【マイプロテイン】錠剤タイプのHMB
・美味しくてたくさんのフレーバーがあるプロテインはこちら⇒【マイプロテイン】ホエイプロテイン