レッグプレスをナローでやる理由【2019年7月18日】

レッグプレスをナローでやる理由【2019年7月18日】

こんにちは!プロレスラーの諸橋晴也(@Morohashix)です。

ここ3年くらいはホームジムでトレーニングしてきましたが、自宅のそばに『エニタイムフィットネス』ができたので入会してみました!

入会手続きを終えて、さっそく脚のトレーニングをしましたよ!

 

本日の脚のメニュー

レッグエクステンション20回×3
レッグプレス15回×3
レッグカール20回×3
ヒップアブダクター15回×3
ヒップアダクター15回×3

本当はブルガリアンスクワットをやりたかったけど、フリーウェイトコーナーにたくさん人がいたので諦めました( ;∀;)

マシン中心になっちゃいましたね~。

ちなみに自分はバーベルスクワットはやらないです。

何故かというと、高校生の時に足首を骨折してしまい、足首の可動域が左右で違うから。

まあ、スクワットなんてやらなくても十分脚は太くなるし、強くなりますよ!

 

レッグプレスはナロー

自分がレッグプレスを行うときは、大腿四頭筋の外側を狙いたいので、腰幅のナロースタンスで行うことが多いです。

膝は深く曲げず、大腿部がプレートと平行になるまで下げればOK。

正面から見た時の、大腿四頭筋の広がりがほしいなぁという方にはおすすめ!

 

久々のジムは良かった!

ホームジムの限られた種目でのトレーニングに少し飽きていたので、心身ともに新鮮な刺激がありました。

エニタイムフィットネスは入会後31日を過ぎれば全店を使うことができるので楽しみ!

 


⇒人気の筋トレブログはここからチェック!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
⇒にほんブログ村の人気の筋トレブログはここからチェック!